住居にトラブルを引き起こす害獣|イタチ駆除専門の業者に依頼しよう

作業員

メニュー

厄介な害虫の駆除

南京虫

人の血を吸って痒みを伴うアレルギー反応を引き起こす南京虫は、殺虫剤が効きにくいとされる害虫です。海外との行き来が盛んになって南京虫が持ち込まれるようになったこともあり、南京虫駆除業者の人気が高まっています。殺虫剤が部屋の隅々にまで散布され、その作業は全ての南京虫が死滅するまで繰り返されます。

詳細を読む

増加している吸血害虫

男性作業員

トコジラミ駆除には殺虫剤を用いるほか、高温のスチームや低温の炭酸ガスを噴射して処理する方法があります。市販の殺虫剤には耐性を持つ個体もいるので注意が必要です。また駆除の効果を確認する作業も欠かせません。

詳細を読む

悪臭が強い害獣

鼬

他の害獣より悪臭が強い

家の中に入り込んで被害を及ぼす動物を害獣といいます。イタチやアライグマ、ネズミなど大きさや個体数に違いはあっても駆除しないと被害は大きくなります。特にイタチは独特の臭いがする分泌液を出すので、他の害獣にはない悪臭があいます。イタチは建物にある隙間から入り込み天井裏に住み着きます。住み着いた天井裏で糞や尿をするので大変強い悪臭がします。また、同じところに糞尿をする習性があるのでどんどん溜まっていき染み出すこともあります。イタチはメスが天井裏で出産するので、子どもが大きくなると走り回るため天井裏からバタバタと大きな足音が聞こえるようになります。イタチは夜行性ですがエサを取るために昼間行動することもあります。姿を見かけたり強い悪臭を感じるときにはイタチ駆除を行いましょう。イタチは嗅覚が優れており、木酢液や忌避剤のにおいを嫌がります。これらを置いて様子を見てみましょう。また、漂白剤やクレゾール液のにおいも嫌がるので数か所においてみてください。

強い光に弱い

イタチ駆除には、ほかの害獣と同じように捕獲用のワナや害獣用の燻煙剤も有効です。イタチは夜行性なので光に弱い動物で、強い光を突然当てられると逃げ出します。この習性を利用して天井裏にライトを設置し追い出す方法もあります。イタチは糞尿の臭いが残っていると何度も入り込もうとしてきますので、きれいに清掃することもイタチ駆除に繋がります。イタチ駆除イタチは捕獲できる期間が法律で定められており、狩猟免許を持っている人が捕獲できます。また、イタチのメスは狩猟の対象になっていないので捕獲しても山野に逃がしてやるようにします。期間外のイタチ駆除は被害を受けた家屋がある場所の市町村に申請して許可を取る必要があります。個人で難しい場合は狩猟免許をもった業者を調べて、イタチ駆除を依頼することをオススメします。

ネズミを家から退治する

ネズミ

ネズミ駆除は、人間への感染症などの被害が考えられる為一匹でも家の中やその周辺で見かけた場合には早急に行う必要があります。専門家に退治を依頼するメリットとしては、被害拡大を防ぐことが出来るという点です。

詳細を読む