住居にトラブルを引き起こす害獣|イタチ駆除専門の業者に依頼しよう

男女

厄介な害虫の駆除

南京虫

南京虫とは、トコジラミという別称を持つ害虫です。家の中で繁殖してしまうと、人間の血を吸うなどの被害をもたらします。南京虫に刺された部分は、アレルギー反応により激しい痒みを発症します。しかもその痒みは長時間持続するため、厄介な害虫として忌み嫌われているのです。従来の殺虫剤ではあまり効き目がなく、煙が届かないような微細な空間に入り込む性質があるため燻煙剤であっても効果を期待することはできません。しかし専門業者であれば南京虫駆除に関する技術や知識を豊富に有しているため、なかなか駆除できない南京虫もきれいに一掃してもらうことができます。海外との行き来が盛んになった現在では、様々な国から南京虫が持ち込まれることも少なくありません。一般家庭のみならずホテルなどでも南京虫の被害が増えているため、それを駆除する業者の需要も年々高まっていると言われています。

業者による南京虫駆除は、被害の出た部屋の消毒からスタートします。カーペットの起毛の間や壁と床のわずかな隙間に入り込むため、隅から隅まで徹底的に殺虫剤の散布が行われていきます。壁紙の裏側に繁殖している場合もあるため、その際には壁紙を剥がした上で入念に殺虫剤の散布が行われます。霧状の殺虫剤は部屋全体に広がるように大量に散布されるため、わずかな隙間に潜んだ南京虫も一網打尽にすることが可能です。南京虫が完全に死滅するように、殺虫剤を散布した部屋はその後しばらく密閉されることになります。南京虫はとにかくしぶとい虫ですので、完全にいなくなるまでこの作業を繰り返すことが必要です。南京虫駆除は他の虫の駆除に比べて時間が必要なのです。その後、南京虫が完全にいなくなったことを確認して初めて南京虫駆除作業は完了することになります。